いえろぐ

家を選んでから建てるまで

築30年程の2×4な木材は綺麗だった -解体中-

   

現在解体している実家の家を見てきました。

うちの実家はなんだかんだまだ30年程と比較的新しめ。今回2世帯にすることもあり気持よく壊してしまいましたが、ほぼノーメンテだった実家の構造部分はどんな状態だったのか。

 

 

解体初日はアスベスト検査

さて、解体の様子を見に行ったのは解体初日の事です。

みると足場は組まれているものの、外観は殆ど差異がありません。地盤固めをしているようです。

家の中を見てみるとそこらかしこの石膏ボードを剥がして構造が露出されているのが見えます。どうもアスベスト利用有無の検査をしていました。

結果アスベストは利用されていなかったのですが、おかげ様で実家に使われている木材が丸見えでした。

 

 

築30年程の構造部分

さて我が実家、なんやかんやであまりメンテしなかったもので屋根やら壁やらあまりいい状態じゃありませんでした。

其の関係で中の木材もあまりヨロシイ状態じゃ無いんじゃないか。と勝手に思っていましたが。。

IMG_20150907_164304

案外綺麗じゃない

 

IMG_20150907_164257

歪みやら何やらない感じです。

 

これは天井部分ですがそれ以外に壁の2×4材質部分等何箇所か見てみるもなかなかきれいな状態。

もっと汚い木が出てくるかとおもってました。

地元工務店系で立ててもらった実家ですが、2×4の安定感が出たのでしょうか。立派なもんです。

 

窓枠関連の木はボロボロ

さてそこから日数は進み、今や面影も無くなった我が実家。

重機が入ってバラバラになった木材を見に行ったのですが、全体的に見て悲惨な木は

窓枠周辺

それ以外の木は綺麗なものでした。

窓枠は結露がすごかったので、10年も超えたあたりから枠が劣化していきました。その後年代が進むに連れどんどん周囲に浸透していったんでしょうね。

 

まとめ

劣化を判断するにはまだ、30年は短いのかもしれません。

それでも、長らく住んで

  • 壁紙は剥がれかけ
  • 床板はボコボコ
  • ガラスは汚れ
  • 玄関ドアは歪み放題

外見/内見は満身創痍に見えた家も構造部分は「結露」でダメージを受ける部分以外は綺麗なものでした。

新居ではトリプルサッシの活躍に期待です。

 - シリーズモノ, 本契約to入居, 解体/外構 , , , , ,

  関連記事

基礎工事まとめ:我が家の基礎工事を振り返って並べてみる

現在、我が家は上棟も行われて基礎工事は綺麗に完了致しました。 狭く感じた基礎から …

壁掛けテレビの配線と断熱材の盲点

我が家は1F,2Fにあるリビングでは共に壁掛けテレビを採用しています。 その際に …

700万行ったオプション詳細【電気編】 -設計公開シリーズ-

オプション詳細も終わりに近づいてきました。 本日は電気編です。 電気関連のオプシ …

700万行ったオプションを図面で見る【2F編】 -設計公開シリーズ-

さて、まだ懲りていなかった図面で見るオプション2F編です。 平面図で見るといつも …

700万行ったオプション詳細【住設編】 -設計公開シリーズ-

オプション紹介編第三弾、住設系オプションの詳細紹介です。 このオプション分類、超 …

2世帯で作ったi-smartの総額公開 -設計公開シリーズ-

先日、無事着手承諾を迎えることが出来ました。 これまで行ってきた打ち合わせは20 …

玄関はたれ壁尽くし -着手承諾寸前シリーズ-

2×4系の宿命とも言えるタレ壁。皆さんも苦しめられたのではないでしょう …

上棟後96日頃:引き渡し〜引っ越し〜新生活開始

先日ちょっとフライング記事を飛ばしてしましましたが、順を追っていきましょう。 過 …

上棟後54日頃:その1シューズクロークドアが付いていた

我が家もあれよこれよといつの間にか上棟してから54日も経過しておりました。基礎を …

8/26発売、ルンバ960が欲しい。安くなってはいるけど・・

今度発売されるルンバ960見ました?いいですよね。900シリーズ。 我が家では床 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。