いえろぐ

家を選んでから建てるまで

キッチン周辺のライトを考える -色と明るさの関係-

   

我が家のキッチンまわり、ダウンライト4個とカップボードの間接照明で灯りを確保しております。

標準だとちょっと薄暗いのでは。と感じ「一部の灯りを100w化」させたり「白色LEDに変更」したりしていました。

ただしこの環境、実際に採用予定のLEDプランで建てられたモデルハウスを見たところ問題点が見つかりました。

それらの見直しと対策について。

 

 

当初のキッチン周辺

キッチン電気

こちら旧電気図です。

約6畳程のキッチンスペースに、以下の灯りが揃っています。

  • 60w相当ダウンライトx2
  • 100w相当ダウンライトx2
  • 間接照明x1
  • すべて白色

通路部分は照らす範囲が広くなる事を懸念して、100w化しました。

打ち合わせを行っていた展示場はLED照明が別物で構成されていた為、実物無しの机上のみで作成しました。

 

 

最新モデルハウスでの気付き

この電気図について、実際の広さや見た目に当てはめたり、シミュレーションを通したわけではないのでちょっと不安が残ります。

そこで同様のLEDプランが採用されているモデルハウスを18時以降に見学させてもらうことにしました。
営業さんゴメンナサイ

 

明るさへの気付き

そこでは以下の発見がありました。

  • シーリングライトは圧倒的に明るい
  • シーリングライトは、真っ白より「白と電球色混ぜたあたり」が一番明るく感じる
  • ダウンライト(60w)は暗く感じる、うちの間取り同等キッチンで60wは暗い
  • ダウンラインと(100w)は2.5畳くらいなら十分照らす、明るい
  • ダウンライト(60w)は周りを壁に囲まれた空間(廊下とか)だと明るい
  • キッチンに立つと背面のLEDで影がキッチンに落ちる

新鮮なのは、LDKでのシーリングライトの明るさでした。

広い空間でのシーリングはあまりにも明るくてすべてシーリングに置き換えてやろうかと思っちゃうレベル。

ダウンライト60wはそれにくらべてずいぶん貧弱でした。どうも広い空間が苦手な様子。

スポットで照らす性質なのでそりゃそうか。

 

キッチンの影はキッチン上部のダウンライトが打ち消してくれてましたが、現在の我が家のように「通路だけ100w」なんてすると影が強くなりそう。

100wにするなら通路側だけでなくキッチンも底上げして上げる必要がありそうです。

 

 

色への気付き

明るさのトコロでも少しありましたが、、

  • シーリングは白と電球色の混ぜたあたりが一番明るい
  • ダウンは白だと暗く感じる
  • ダウンは電球色のほうが明るく感じる
  • 電球色といっても、LEDで表現する電球色はいうほどオレンジじゃない

全部、私の主観になってしまいますが上記のように感じました。

全体的に電球色を見直した結果となっています。

 

 

床色に対しての気付き

このLEDですが、床の色によってもまた色合いが大きく変わります。

2色の床に対してのLEDを見比べてみました。

 

ライトウォールナットの場合

ライトウォールナット

  • 灯りの色による受け取り方の影響を受けづらい(白でも電球でも明るければOK)
  • 床色が明るいので基本明るく感じる

床が明るいので、光量さえ確保できれば明るい感じ。

LEDの色はどちらでも受け入れてくれるおおらかさがあります。

 

ビターウォールナットの場合

ビターウォールナット

  • 灯りの色によって床色の雰囲気が大きく変わる。
  • 白色LEDに照らされると無機質っぽく
  • 電球色LEDに照らされると木の質感が強く
  • 床色が暗いので、基本は暗めに感じる

こちらはライトウォールナットとは対照的。

LED色による影響を強く受けているように感じました。

もともと木の質感を出している床なので、電球色のほうが

  • 木の質感重視
  • 明るさUpに貢献

と、2重の意味でよい方向に動いてくれそうです。

 

我が家の選択

そんな訳で我が家の選択

 

1Fの場合

1Fはライトウォールナットを選択しています。

  • 全体的に白色LEDを選択
  • ふんだんに100wを採用
  • キッチンまわりのLEDも全部100w化
  • 部屋の中心はシーリングでフォロー

こんな感じで白い清潔感のある空間を演出してくれることを期待。

100wダウンライトで明るさをフォローしつつ、シーリングが全体的な明るさを支持してくれるはず。

 

2Fの場合

2Fはビターウォールナットを選択しています。

  • 全体的に電球色LEDを選択
  • 100wは1Fと同様に大いに採用
  • キッチンまわりももちろん100w化
  • 部屋の中心はシーリングでフォロー

1Fと同様ですが、こちらは全体的に木の質感重視で行っています。

1Fは白い質感重視、2Fは木の質感重視です。

 

まとめ

そんな訳で1Fと2Fのコンセプトに合わせてLEDの色も大きく分けてみました。

同一の家ながらも上下で2パターンの色使い、空間作りが体験出来るのは2世帯ならではの楽しみかもしれませんね。

 - 一条工務店, 電気計画 , , , , , , , , ,

  関連記事

稟議があると現場見学に使えない? -現場見学枯渇問題を切る-

適当な題名を付けました、すいません。 実は私、現場見学を全然していません。先日初 …

Web内覧-2Fリビング編-ブラウンで纏めたリビングにでっかく設置したエコカラットとソファーとテレビ

Web内覧もいよいよ我が家のメイン生活スペース。2Fリビングにやってまいりました …

電気計画を考える -1F編-

家作りのキモ、電気計画、電気図が大まか決まってまいりました。 諸先輩方のブログで …

上棟後初の小屋裏収納潜入!8畳の小屋裏は案外広い

昨日の機密検査では気密が取れていないと残念だった小屋裏ですが、上がってみるととて …

上棟二日目のi-smartはヘー○ルハウスっぽい

先日上棟中に気づいた事なのですが、上棟の二日目の家が妙にかっこよく見える時があっ …

洗濯機用コンセントの位置がおかしい -着手承諾寸前シリーズ-

ちょうど昨日/一昨日と京都周辺に出張へ行ってきました。 祇園のコアな日程は回避で …

建築スケジュールの再確認 -入居まで後半年-

さて、詳細設計シリーズを長々とやらせてもらい気が付くと8月も終わりに近づいていま …

上棟後72日頃:壁紙のパテ塗りは3回!石膏ボードも見納め。グラスロックもパテ塗ります。

木工事が終わるとクロスの工程にはいって行きました。 クロス施工では、前段階として …

上棟03日目:屋根が出来た!これで雨も安心。小屋裏収納案外デカい

我が家の上棟もついに三日目です。 クレーンが入り込んでの、所謂上棟としての作業は …

ロスガードが騒音対策されるらしい -ルーフガーデンの難完結編-

ロスガードの吸排気がルーフガーデンに流れ込み、テンションサゲサゲだった我が家(と …

Comment

  1. jun より:

    こんにちは!
    我が家のキッチンも、だいたい同じくらいの広さなので、大変参考になります。(というか、パイプスペースも含めて、ほぼ同じ)
    先週、照明関係の打ち合わせだったのですが・・・どこが60wでどこが100wかもろくに確認していませんでした。。。。
    反省して、ちょっと見直ししてみます。

    で、我が家もワイドカウンターではあるのですが、ダイニングテーブルは別におく予定です。で、そっちの方の照明をどうしようかというのが今の悩みどころです。シーリングの方が明るいんでしょうけど、なんか味気ないような気がして。。。

    • yuki より:

      こんにちは〜、コメントありがとうございます

      ほぼ同じとは奇遇ですね。それでしたら灯りもほぼ同様に検討できそうです。
      我が家の場合、当初はキッチン周りすべて60w相当で提案受けていたので一般的には60wでくるんじゃないかな?と思われます。

      我が家もダイニングテーブル直上悩みましたが。。その時点でオプション600万が出ていたので泣く泣くシーリングに頼ることにしてしまいましたorz
      ダイニングテーブル直上ライトを設置してしまうと、ダイニングテーブルの位置が固定されてしまうので其の点は無くてもいいのかな?と思ってる部分もあったりします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。