いえろぐ

家を選んでから建てるまで

Fix窓の利点 -開き窓との比較-

      2015/11/08

先日より、代車でフィットハイブリットを借りております。

打ち合わせやらドライブにヘビーに利用させて頂いておりますがこのフィットハイブリット、カタログ燃費が33.8km/lなのに下道ドライブで燃費30.8km/lをたたき出しました。ハイブリットすごいっす。

最近雑記ブログも車ですが関連記事が増えたので⇛のウィジェットにそちらのRSSも付けました、暇な人は是非に。
携帯/スマホの方は一番下にくっついてます

 

そんなフィットで対応中の打ち合わせで窓の事を学んだのでご紹介

 

 

窓の種類

一条工務店、、に限らず建物の窓って数あれど、大分類しちゃうと最初の選択は

  • 開くか(開き窓か
  • 開かないか(FIX窓(ハメ殺し)か

ですよね。

開く窓ならそこから「引き違い」やら「片上げ」や選択肢は広がりますがFIXに関してはサイズ位しか選びようがないです。

そんな窓選択の第一歩、これらのメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

開き窓

一戸建ての家のイメージはコレですね。

 

開き窓のメリット

メリットはこんな点が考えられます。

  • 開く事による風通しが可能
  • 場所により出入りが可能
  • 開く事で部屋に動きをつける
  • そもそも、部屋とする場合開く窓が必要

そりゃ窓なんだから当然。と思いますがまあ窓本来の役割ってことですね。サクサク次に行きましょう

 

開き窓のデメリット

デメリットは、FIX窓に対してのデメリットです。

  • 開く事で、落ちる危険がある。
  • 開く事で泥棒に入られる可能性がある。
  • 開くことで大きさに制限が付く
  • 開く為のギミック部分でガラスのサイズが縮む
  • 気密性が下がる

さて、少し本記事で伝えたい部分が出てきました。

前者2件はまあそのまんまなので後者3件についてご説明。

 

大きさに制限が付く

これは2Fに窓をつけた場合に限ります。

建築のルール(なんによる決まりか忘れましたorz)により、2Fの「ベランダが無い」部分につける窓は高さの制限があるそうです。

 

つまり、人が落ちる可能性がある高さには開く窓を付けられない。 ってことです。

そりゃそうです。ベランダに出るような窓がなんでもない所についてたらびっくりですね。

稀にそんな建築物を見かけますが違和感半端ないです。あれは何なのでしょう。

 

で、FIXだとコレが解消出来るってわけです。 メリットについてはFIXの項にて。

 

ギミック部分でガラスサイズが縮む/気密性が下がる

これは些細な違いですが。。

開く窓は、開く為のギミックが必要です。

つまり留め金の部分や窓を支える支点、はたまた気密性を確保する枠の部分。

そしてそれらの部分はすべて空気が抜ける為の通り道にもなり得るのです。

 

つまり、開き窓はそれだけでガラスサイズを縮め、気密性を下げています。

FIXは開く必要が無いためそういった部品がすべて不要になり気密性も文句なしです。

 

FIX窓

さて、今度のFIXは窓視点です。

昔の住宅ではあんまり無かったと思いますが。。最近のお家はどこも一個は着いてる気がしますね。

 

FIX窓のメリット

  • 開かない事で人が落ちることがない
  • 開かないから泥棒も入りづらい
  • 開かないことで大きく取ることが可能
  • ギミック部分が無い為ガラス面が大きい
  • 気密性抜群

さて、メリットです。

項目的には開き窓のデメリットを反転した内容そのまんまです。

今回特に気になった2点をメリットとしてご紹介。

 

開かないことで大きく取ることが可能

デメリット項では、2Fの窓の高さが必要。と書きました。

参考画像がありますので御覧ください。

スクリーンショット 2015-04-26 21.33.36

参考画像

この開き窓、この絵では2Fの床から高さ78cmの部分に設置されています。

現在開き窓となっているこの窓をFIXとすることで高さをもっと低くすることが可能になるわけです。

すると、全体の長さが長くなり窓が大きくなるわけです。

 

2FのLDKについてる窓ですが、ココは窓がたくさんあるので他の窓で風通りを確保できるのでFIX窓と変更する予定です。

 

ギミック部分が無い為ガラス面が大きい

こちらも概要は開き窓のデメリットで述べたとおりです。

FIX窓は余計なギミック等無いため、窓として確保したスペースの大部分がガラスとなります。

そのギミック的な装飾や厚ぼったい窓枠が無いFIX窓はクリアな視界を確保します。

 

その為外部とのつながりがより深くなり、一つの絵/風景として窓が機能します。
といっても我が家、そんなご大層な眺めは望めませんが

あかるさはもちろんの事、空間・視界の通りといった点では開き窓はFIXに勝ち目はありません。

 

FIX窓のデメリット

  • 開かない
  • 掃除が大変
  • プライバシーの確保

ここまで色々な項目が上がったので細かい所はすっとばします。
すっとばすな

開かないってのはFIX窓のアイデンティティなのでデメリットってのもおかしいですがまずコレがあります。

 

掃除が大変

まずは掃除が大変。

普通の窓なら片方開けて裏を掃除すればいいですがそもそも開きませんからね。

外から掃除する手段が必要になります。これは大変。

 

プライバシーの確保

一条の一番大きいfix窓ありますよね。

吹き抜けや階段踊り場なんかによく採用されるアレです。

これは開放感や外界とのつながりなんかはとても優秀、うちでも採用したかったけど採用できませんでした。。

 

しかし、この窓その分外からも丸見え。

開放感を求めて設置するとハニカム/カーテンを下げておくのももったいないのですが、なにも対策しないと外から家の中の様子がすべてわかってしまいます。

この点はFIX窓の開放感へのデメリットですね。

 

まとめ

そんなわけで開き窓とFIX窓(ハメ殺し)の違いとメリット・デメリットをご紹介しました。

各々特徴があり、適切に使うことで部屋の広がりを持たせたりプライバシーを確保したり、見た目を整える事が可能になります。

また2FならではのFIXのメリットなどもあり、窓だけでも家造りの奥深さを思い知らされます。

 

我が家では、ベランダが設置されていない部分や、3マス窓が設置された横の4マスの残り香的な窓をFIXとすることでせめてもの広がりを創りだそうとしています。

窓についてはまだスタートしたばかりなのでしばらく続けて検討していきたいと思います。

 

 - 一条工務店, 外観 , , , ,

  関連記事

初回打ち合わせに向けて -間取り検討1F後編-

桜が咲いてきましたね、うちの回りでもぼちぼち満開です。 後一週間もしたら葉桜が見 …

2015年度売電開始で考える太陽光

さて、宿泊体験も終わり床暖房やi-smartに全体的満足な我が家。 この頃には4 …

小屋裏収納の階段が使いにくそう -着手承諾寸前シリーズ-

わが家は全体的な収納の関係で小屋裏収納(いわゆる屋根裏)が必須でした。 当初より …

外壁の境目に注意!ルーフガーデン、気を抜くとツートンカラーへ

梅雨の合間、当地区では夏のような日差しが出ております。 せっかくの晴れ間なのでお …

700万行ったオプションを図面で見る【2F編】 -設計公開シリーズ-

さて、まだ懲りていなかった図面で見るオプション2F編です。 平面図で見るといつも …

電気工事のLANケーブル差し替え -カテゴリ5から5eのお値段-

電気図で採用/計画したLANケーブル。我が家では2Fリビングに親が配置され、そこ …

上棟前01日:上棟中止!

11月25日に予定していた上棟ですが、あっけなく雨で吹き飛びました。 中途半端な …

エコカラットの詳細見積もり到着! -やっぱり役物高かった-

  さて、前回役物を悪者扱いして高い高いといい連ねたエコカラット。 エ …

電線処理時に断熱材を削られたけど、結構気を使ってもらってる。

洗面所の裏手をチェックしていた時ですが、見るとアース線のようなものが施工されてい …

壁掛けテレビの配線隠しに新案 -空洞仕上げで何でも通せ-

着手承認シリーズとは少しズレますが、我が家のテレビは壁掛けテレビの予定です。 壁 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。