いえろぐ

家を選んでから建てるまで

床暖房は家を広くする。全館床暖房@1年目

   

yukadanbou

最近めっきり寒くなってまいりました。入居から約9ヶ月の我が家でも床暖房全開です。

そんな床暖房初心者の我が家ですが、去年のマンション住まいから明らかに変わった点に気づいてしまったので簡単にご紹介。

全館床暖房は家を広くする。

 

 

床暖房は家を広くする

たった9ヶ月ですが、新居に入ってからマンション住まいだった頃の冬生活をさっぱり忘れてしまいました。

というのも、全館床暖房だとどの部屋も快適温度が担保されているんですよね。大体室温22度〜24度というのが我が家の設定温度です。

すると、当然ですけど部屋を移動することに抵抗が無いんです。「そりゃそうだ。」ってこの家に住むと思ってしまうんですがそうじゃないはず。

 

マンションの頃を思い出す

マンション住まいだった頃は、リビングはエアコンやヒーターで暖かくても・・

  • 夜1人でリビングにいると冷えるからスリッパ必須
  • トイレに行くときはつま先立ち
  • 小部屋に行く時は着る毛布
  • キッチンは冷えるからマットがある所以外立ちたくない
  • お風呂なんてもってのほか。廊下と脱衣所ヒーターでガンガンに温めてから移動開始。

そんな生活をしていました。誇張じゃなくてガチで。しかもマンションなんで保温能力低いわけじゃないのに。

すると、自然と行動範囲・人が集まる場所は決まってくるんですよね。みんな大体リビングに集結です。しかも家に居る時間の殆どで。

以前住んでいたマンションは3LDKでしたが、冬季の生活範囲は間違いなく10畳のリビング。時点で寝室。後は使わない部屋。そんな感じ。

 

新生活の恩恵を感じてみる

そんなマンションの生活を思い起こすと新生活では全く別。

リビングが生活の中心なのは変わりませんが

  • リビングは常に23度前後保たれてて快適。スリッパなんぞいらん。
  • トイレも床暖房で同じ温度。ここは春か。
  • 子供は子供部屋で遊び回る。寒いとか屋内で言ったことがない。
  • キッチンも当然寒い事などないのでママニコニコ
  • お風呂も床暖房範囲。風呂暖房入れなかったんで暖かくは無いけど寒くもない。
  • ちょっと作業に書斎に籠るのも抵抗なく移動できます。だって気温はおんなじだからね。

と、明らかにどの場所でも寒い。移動したくない。なんてことはないんですよね。そりゃそうだ全館床暖房なんだから。

 

この2つの環境の違いを紹介してご納得頂けたかと思いますが、明らかに冬場の行動範囲が変わりました。

マンションでは唯一暖かいリビング中心に固まっていた導線ですが、一気に屋内全体へと広がった訳です。

 

もちろん新居はマンションより広いんですが、屋内を広く使える理由はソレじゃないことは明白です。何処言っても快適温度だからその分生活範囲が広がったんですね。

 

つまり、床暖房は冬季の家を広くする

 

我が家の床暖房

そんな我家の床暖房ですが、こんな設定で動かしてます。

水温:27度

タイマー設定:10時-17時のみ停止

我が家は電化上手なので、電気代が値上がる10時-17時は床暖房止めています。それでも日が出ていれば室温は大体24度位にあがるので寒いことはない感じ。

ちなみに電気代

11月はずっと床暖房付けっぱでしたが、電気代は9000円台でした。

データがあつまったら別記事にしようかとおもっていましたが、2世帯で9000円台は特別高いわけでも安いわけでも無い感じです。よくある金額帯。

現在の床暖房設定がいい感じにハマってるのでしばらくこのまま行くつもりです。

 

まとめ

そんな訳で、全館床暖房を採用することで家が広くなる。としてご紹介させていただきました。

前述の通り、屋内での移動に抵抗が無くなりますし、ドアを開けっ放しによる

  • 寒いからしめて!とか
  • 暖房費用かさむからしめて!など

そういったピリピリも皆無です。むしろ開放感得るため開けっ放し。

 

もし一条以外に住んでいたとしても、全館暖房できる構成じゃなかったらこの効果は得られなかったんだろうな。と思います。

全館空調等に力を入れているHM以外で効果的に採用するのは難しい所ですが、家の広さを求めている方には床暖房や全館空調による冬季の屋内有効利用面積の拡大。とった考えもありじゃないですか?いくら広くても使えない部屋が増えたって仕方がないですからね。

 

ちなみにおんなじ考えが夏場の全館空調にも通じる所があります。我が家はエアコン位置の工夫で夏場も全館空調でした。するときっと

全館空調&高気密高断熱住宅は家を広くする。これが正解かもしれません。

 - i-smart情報, シリーズモノ, 一条工務店, 新生活, 電気計画 , , , ,

  関連記事

間取りから考える玄関の再構成

さて、窓の検討が続いていますがここで久しぶりに大きな変更検討、間取り戦争が勃発し …

外壁の境目に注意!ルーフガーデン、気を抜くとツートンカラーへ

梅雨の合間、当地区では夏のような日差しが出ております。 せっかくの晴れ間なのでお …

小屋裏収納の階段が使いにくそう -着手承諾寸前シリーズ-

わが家は全体的な収納の関係で小屋裏収納(いわゆる屋根裏)が必須でした。 当初より …

基礎01日目:ジョーくん襲来 -仮設トイレは気遣い-

さて、先日の15日とうとう我が家の基礎工事が開始されました。 これまで解体された …

仁義なき間取り争奪戦 -ルーフガーデン-

概案が出揃った所で、我が家内で間取りの見直しが始まりました。 すると出てくる、各 …

一条工務店工場見学 -1日500人強のお客さん-

  さて、値上げのリミットが近づいてくる中、我が家もとうとう工場見学へ …

一条工務店からの最初の提案 -スケジュール編-

さて、金額的で畳み込まれて現実を投げつけられた所で、、 再度夢を見せてくれる段と …

あわやトラブル、歩道が砕けてた -解体中-

解体の進みは早い。 時間とお金をかけて作られた実家はものの見事重機が入った途端見 …

一条工務店の上棟限度数とそのポリシー

最近あったかくなってきましたね、通勤路の梅が咲いてました。 前回嫁と間取りを取り …

シューズウォールの間接照明の色が・・:裏着手承諾寸前シリーズ

先日の図面で見るオプション記事を見返していた時です。 「あー、シューズウォール上 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。