いえろぐ

家を選んでから建てるまで

上棟前4-5日:前準備の枠作り/床パネルの敷設。この配管はなに?

   

上棟一週間前になり、合わせてそちらの準備に入りました。

合わせて建築記事も基礎編から上棟編に入って行きたいと思います。

 

上棟編では上棟準備〜上棟から木工事完了まで行きたいと思います。正月も含むため約3ヶ月の長丁場ですがじっくりお付き合い下さい。

 

 

配管と土台の組み上げ

上棟準備の第一段階として基礎の上に枠組みと配管の引き回しが行われました。

上棟前01

見た時には既に配管の引き回しが完了し、スペーサーや土台部分の接合が終わっていました。

 

配管はこれまで言われている通り、要所要所でスケルトンな部品が使われていました。

絶妙な角度で調整され、下水に流し込まれています。

 

 

上棟前02

土台部分はあっという間に組み上げ終わり、よく言う「1マス」サイズで格子状になりました。

多分これは90cm幅なんでしょうね、測っていませんが。

 

組み上がった土台は基礎に埋め込まれた短い方の鉄筋とロックナット的なものでがっちり固められてました。

 

 

 

上棟前03

組み上がった土台を別方向から。

基礎から立ち上がった鉄筋は残すトコロ基礎の四隅の出ているモノだけになってしまいました。

この4〜6本の鉄筋だけで家の構造と繋がるんでしょうか?強い力がかかったらねじ切れたりしないんでしょうかね。

 

床パネルの設置

土台が組み上がったら床パネルが貼られました。

上棟前04

こちら施工後の写真です。先ほどの土台の上に貼られた上でネジ/釘?で固定されていました。

但し、何箇所かは今後の床下処理の為固定されていないようです。キッチンまわりなんか固定されていませんでした。

 

 

上棟前05

ちなみにこちらはお風呂。

風呂は床下も断熱処理されている関係とユニットバスが入る関係からパネル張りはありませんでした。

ここは一番配管が出ていますね。

 

 

上棟前06

風呂の中を見るとこんな感じ。

一番左から・・

  • 1番目:青と赤の管は上水道と温水
  • 2番目:太い管2本は、、なんだろう?
  • 3番目:ふっとい塩ビ管は下水行きの排水管
  • 4番目:エコキュートの追い焚き管

な感じです、色々有りますね。

お風呂のお湯はエコキュートから最短距離で提供されるのかと思っていたのですが

他の水道と同じような経路でくるようです。暖かいお湯が出る速度は風呂もキッチンも変わらないのかな?

管等の出入り口はちゃんと膨らむ系断熱材がつめられていました。

 

 

ちなみに太い管は・・

上棟前07

こんな感じで、わざわざ断熱処理された風呂床を経由した上で外の基礎に出て行っていました。

どうもこれは床暖房で定番のピンク冷媒が通る空配管のようです。
温水しか通らないのに冷媒っていうのかな・・?

なぜ床暖房の冷媒がお風呂を通るの?

さて、わざわざぶっとい断熱材を入れた風呂下に「配管出口」「配管入り口」と外気の口を2つもあけて床暖房の管を通しているのでしょうか。

単純に距離的な問題なら、こんな場所通らずに隣にある洗面所でも通った方が断然近いです。

そこで想像ですが。。

  • 床暖房の管は利用時「温水」しか通らない、つまり冷やすことはない。
  • お風呂の床下も「暖かい」事はあっても「冷やす」事はない。(冷える事はあっても他基礎よりは温かい)
  • つまり、床暖房の管は断熱処理した暖かいお風呂を意図的に通る事でお風呂の熱を回収している。

て事では無いでしょうか。

コレによりお風呂の熱をも利用して床暖房が稼働している・・・のかもしれません。

 

ただ、ぱっとみ断熱処理された配管を通るピンクの液体に熱が移動してくれるかは謎です。機会があったら聞いてみます。

 

俯瞰してみる

上棟前08

さて、定番の俯瞰ポジションで写真撮影。

基礎は見えなくなりパネルだけになりました。木材の色がばらばらなのでちょっと見た目よろしくないですね。

 

その後

上棟前09

見学に行った日の夕方頃に再度見に行ったらもうブルーシートが貼られていました。

パネル張り部分はあっさり終わったようです。こちらは上棟の日までこのままかな?

 

ちなみにブルーシートごときじゃ雨入るんじゃ。。とおもって細かくみてみましたが

  • ブルーシートは大きな一枚モノでつなぎ目がとても少ない
  • 鉄筋が出てたりとんがっていたりする部分は細かいフォローがされている
  • ガムテームがふんだんに使われて隙間が無いようにきっちり処理されている

とちょっとした雨くらいならなんともなさそうです。安心感のある包まれ感。

ちなみにお風呂部分も板かなにかで蓋した上でブルーシートで覆われ、上からはしごが乗っかっていました。めくれる心配ないですね。

 

まとめ

と、そんな訳で上棟の準備が行われていました。

この後は足場が組まれれば上棟本番となります。

ただし現在、上棟は明日の25日ですが降水確率が80%に登っています・・・

延長される可能性大です。焦らされ中。

 - i-smart情報, シリーズモノ, 一条工務店, 上棟後進捗, 本契約to入居 , , , , , ,

  関連記事

ルーフガーデンのパーゴラは構造体のダミー

先日、上棟二日目の最後に空を飛んだアイツの金具が設置されました。 実はこのパーゴ …

壁掛けテレビの配線と断熱材の盲点

我が家は1F,2Fにあるリビングでは共に壁掛けテレビを採用しています。 その際に …

ハニカムシェードの検討 -設置編-

前回、ハニカムシェードの機能を再確認した我が家。 ハニカムシェードは安価(標準) …

Web内覧-2Fルーフガーデン-リビング直結!子供大好き外空間

気が付くと一ヶ月、Web内覧記事しか書いてない事に気づいてしまいました。雑記系の …

カーテンは天井から垂らすと一体感があってステキ

先日、久しぶりに展示場へ行ってきました。 目的はカーテンの打ち合わせ。仮決めした …

Web内覧-小屋裏収納-すべてを包み込む包容力。ドア、自転車、洋服、何でも放り込め

Web内覧宅内編も終盤に差し掛かってまいりました。今回ご紹介するのは小屋裏収納で …

上棟後65日頃:NURO申し込み!素早い申請で引っ越し翌日からインターネット開通へ

引っ越しまで1ヶ月を切った頃、そろそろ新生活の環境整備を考え始めました。 まず我 …

お風呂の窓 アルゴン無しブラインドvsアルゴンすりガラス

間取り検討が一段落しはじめた所で、窓の検討に入ってまいりました。 といっても本格 …

壁の石膏ボードの取り換えはとても大変

石膏ボードを交換したい。と思った事ありませんか? 我が家では、過去我ら兄弟の思春 …

バランスから窓を考える -最後の窓検討-

さて、家の枠組み系のラストスパートが続きます。 我が家の窓系は比較的早期に固まっ …

Comment

  1. エクセル より:

    いよいよって感じですね。
    俯瞰できる場所があるっていいですよね
    いつも拝見していて羨ましいです。

    私の方は来月中旬に上棟予定ですので、順をおってチェックすべきところ等を勉強させていただいてます(笑)

    • yuki より:

      とうとうやってきました! ただし延期されてしまいましたが・・w
      斜め上から見えると家の違った面が見えて楽しいです。ただし俯瞰出来るってことは「その角度から覗き込まれる」ってことになっちゃいますが

      12月、雨降らないといいですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。