いえろぐ

家を選んでから建てるまで

ロスガードの吸気口位置の効率化を考える -RAが離れてよかった-

   

配管/電気関係の検討を行うにあたり、ロスガードの吸気口位置を見直しました。

せっかくのロスガード24時間換気、標準提案のままだとどうにも淀みが出来てしまいそうに見えます。

これも合わせて見直し、再検討。

 

 

ロスガードの機能再確認

ロスガードは家の一角、半畳のスペースを専有して24時間換気を行う強者です。

換気能力は2時間で家中の空気を入れ替える。とよく言われています。

 

ロスガードは90%以上の熱交換(冬に限る)を謳っており、換気による熱損失が起きにくいのが特徴です。

また専用のフィルターを通すことで花粉症対策にもGood。

 

実機能レベルとして、各部屋に配置された「吸気口:SA(Supply Air)」にて、屋外からの空気が室内に供給され

2F中央部天井に配置された「排気口:RA(Return Air)」から熱を回収した上で屋外に空気を排出します。

 

 

初期提案

さて、そんなロスガードの吸気口:SAですが、宅内の気圧は一定なので吸気されたらされた分だけ排気されます。

つまり吸気された瞬間から、空気は「RA:排気口」の方向へ流れていくのです。

 

その場合、こんな配置だとちょっと嫌じゃないですか?

サンプル

これは1Fの母寝室ですが、初回は右下の赤い丸あたりにSA配置されていました。

この位置だと、ドアからリビングの方向へ空気が流れるはずなので部屋のその他部分は空気の淀みになりそう。。

これが嫌で全体的にSA配置を見直しました。

 

但し、設計さん曰く「この位置でも淀みは発生せず換気性能は問題ない」というのが公式見解だそうです。

本対策は気分的なものだけかもしれません。

 

我が家のロスガード事情

こんな形にしてみました。

 

1Fの流れ

SA1F

1Fの空気の流れ

我が家は吹き抜けが無いので、1Fの空気はすべて階段を伝って2Fへ向かいます。

なのでSAの配置は階段から遠く、また各部屋のドアの対角線に配置していきました。
対角線になってないけど。。

 

この対角線にしたいけど出来ない事情として、配管長や天井内の設置物等々の関係で現状この形となっています。

淀みそうな点として以下3点

  • 母寝室の左部分
  • リビングの左下部分
  • 和室の右下部分

がありますが、ドア前に配置された場合に比べれば部屋を横切る空気の流れができたので、そちらに巻き込まれて行くことを期待しています。

 

 

2Fの流れ

SA2F

2Fの空気の流れ

2Fでは、1Fから集まった空気が階段を登り2FのSAから集まった空気と合流して廊下部分に集約し排気されます。

こちらも考え方は同様です。出来る限りドア等RAに向かう口の対角に配置しています。

 

1F同様、リビングの左下部分の淀みが気になります。しかしここは換気扇等々詰まっている関係でSAの配置は難しそうです。残念です。

 

RAが中心部で良かった話

現在のロスガードでは、RA:排気口が2F廊下に設置出来ていますが以前はコレが出来なかったはずです。

展示場なんかでも見ると、すべてロスガードの上部がRAとされているはずです。

コレが我が家には大きなメリットとなります。

主に以下のとおり

空気の流れがヨイ

廊下にRAを配置することで、周りの各部屋から集まった空気を排出する流れが出来ます。

もしこれがロスガード上部だと、寝室に空気がすべて集約して排気されていきます。これは偉いことです。寝てる間に子供がリビングでつまみ食いしてても気づいてしまうかもしれません。

 

ロスガードが案外うるさくない

ロスガードがうるさい主原因はRAだと思ってます。

RAがロスガード直上に付いていると、ロスガード本体で動いているファンの音や吸い込まれていく音がよく聞こえてしまう為ロスガードが配置された部屋はうるさくなるのですが、RAを離れた部屋に配置するとロスガードが案外うるさくない。

これは最近できたモデルハウスで体験して気づいた事ですが、我が家の配置ではとてもありがたい事です。

 

まとめ

そんなわけでロスガードのSA配置やRA位置のメリットをご紹介してみました。

前述の通り、設計さん曰くそこまでしなくても循環問題は無いそうですがブラシーボでも24時間365日数十年経てば何かしらの効果はあるでしょう。

これから長く住む家なので無駄なく効率的に壊れず動いてくれる事を期待しています。

 - i-smart情報, 一条工務店, 間取り , , , , ,

  関連記事

我が家が提携銀行を選べない理由 -選びたいのはやまやまです-

最近お金系の悩みが続いております。この流れにのってお金に関する検討は済ませておき …

本気の補強は石膏ボード無し。懸垂バーの補強が出来ました。

我が家では懸垂バーを作り付けしています。設置の詳細な経緯としては当時の記事「作り …

今度は家の解体が偉いことになった

  先日のオプション盛り盛り事件、一先ず仕分けを行ってみましたが、あま …

オプション盛り盛りにしたら偉いことになった

水回りの検討最中ではありますが、一度現状を見直したく見積もりを出してもらいました …

上棟後39日頃:小屋裏も天井の石膏ボードは2枚! 気密もちょっと上がりました。

1F,2Fの床暖房、床板、石膏ボードがすべて終わった我が家。とうとう小屋裏収納に …

上棟後61日目頃:その3網戸は窓毎に最適サイズ。そりゃそうか。

まもなく木工事も終わる61日目頃、我が家ではオプションの網戸が付きました。 オプ …

3畳のルーフガーデンと4.5畳のルーフガーデン

さて、土日が終わりました。 その中で打ち合わせを行いましたが要望を反映させた図面 …

上棟二日目のi-smartはヘー○ルハウスっぽい

先日上棟中に気づいた事なのですが、上棟の二日目の家が妙にかっこよく見える時があっ …

住宅ローンはSBIで行こう -提携で仮審査した上で利用しない理由-

我が家は住宅ローン、住信SBIの住宅ローンを利用する予定です。 実はその前に提携 …

洗濯機用コンセントの位置がおかしい -着手承諾寸前シリーズ-

ちょうど昨日/一昨日と京都周辺に出張へ行ってきました。 祇園のコアな日程は回避で …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。