いえろぐ

家を選んでから建てるまで

着手承諾前々回打ち合わせ、おかわり -前々回でコレが必要な理由-

   

昨日土曜日、着手承諾前々回の打ち合わせを行ってきました。

今週はさんざん「外観確定系」の匂いを出していましたがそれもコレも我が家で組んでるスケジュールに関連しています。

実際の着手承諾は7月の3連休を予定している我が家、まさかの前々回うちあわせ「おかわり」を頂く事に。

 

 

着手承諾までの流れ

そもそも、外観確定早くない?着手承諾までまだあるんでしょ?

って声も聞こえてきますがうちは以下の流れで行っています。

打ち合わせ内容 日程 補足
外観、間取り関連の確定オプション類の洗い出し、確定配置図の確定 7/4 ここで内容を確定し、次週全項目確認を実施可能とする。
全項目の見直し(仮着手承諾) 7/11 着手承諾の流れを一度実施。先週確定した全項目をチェック行う。
本着手承諾 7/18 最終確認、着手承諾を行い本契約へ

 

と、着手承諾前に2クッション置いてます。

まず昨日のタイミングで変動するオプション等々の要素をすべて仮決定。

そして来週にすべて見直し、着手承諾っぽい流れで見直します。

そしてその翌週、一週間のスパンを開けた上で実際の着手承諾を実施します。

 

なぜこのスケジュール?

すでに建てられた方、打ち合わせ中の方はご存知かと思いますが、着手承諾はとても「重い」モノです。

それはコレまで仮だった契約を「本契約」にした上で行い、着手承諾した内容で「HRD(フィリピン工場)」へ各部材発注が行われます。

 

つまり、着手承諾で決定した項目は大部分覆せませんし、変更にはお金がかかったりする訳です。

その変更出来ない決定日を3Stepで迎える事にしました。

 

1stStep

7/4、つまり昨日行った打ち合わせです。

ここでi-smartとして着手承諾までに変更出来る部分をすべて確定させます。

設計の段階はここで完了です。

今後一週間掛けて確定項目を見なおして次週のレビューに備えます。

 

2ndStep

7/11、つまり来週です。

この際に仮着手承諾っぽいことをします。

といっても内容は全項目の見直し。設計で出来上がった項目をすべて上から見直す訳です。

つまり全体レビューを打ち合わせの場で行う形です。家主側、一条側双方の目で全項目見直しです。

 

これを着手承諾一週間前に行う理由はもちろん

まだ変更が効く

これに限ります。レビュー並びその後一週間で変更点があれば本着手承諾までに反映してもらいます。

 

3rdStep

7/18、つまり再来週。

ここは本番の着手承諾です。

全項目のレビューはしたので再レビューは前回の結果、変更点がある部分だけになるかと思います。その他契約関連や実際の着手承諾を行います。

コレ以後変更する場合はいろいろややこしくなります。出来る限り変更は無い形にする必要あり。です。

 

もう一つの外観確定理由

と、ここまではレビューに向けて内容を確定しなければ!といった話でしたが実はもう一点外観、間取りを確定する理由があります。

それは借り入れ関連。

 

今回提携銀行とは別にSBIでの借り入れも検討しています。

すると借り入れに向けて必要書類の準備がちょっとタイトになる様子。

 

其の為には建築申請的資料を前倒しで作成したいらしく、それの期限が今週となるわけです。

結果、今週で間取りや窓等の項目は確定となります。

 

イザとなれば提携銀行への変更も視野に入れますが、まずはSBIも選択できるように今週での確定を目指します。

 

おかわり!

そしておかわり。

各項目を確定するはずの昨日。なんと確定しきれませんでした(/・ω・)/

 

双方に欠員が出たり、そもそも時間が足りない(午後一杯じゃ足りない。。)状況でおかわりやむ無し。

翌日の再打ち合わせをご提案頂き、受けさせてもらう形で本日も打ち合わせ継続となりました。

 

外は雨模様で何処も行けないので子供は大喜びです。いつも見てもらって営業さんには感謝で一杯です。

 

 

まとめ

そんな訳で着手承諾までのStepと借り入れの関係でおかわりとなってしまいました。

事前に全項目見直すこの流れ、実際に建てられた方々は一般的に取られるパターンじゃないかな?と思いますが我が家の場合、設計さんとざくざく話しながらスケジュールした結果こんなStepが展開される形になりました。

着手承諾は重いので本当ならもう一度真ん中に全体レビューを入れたい位です。検討中でスケジュールに余裕のある方は是非。

 - お金関連, 一条工務店, 打ち合わせ , , , , ,

  関連記事

本気の補強は石膏ボード無し。懸垂バーの補強が出来ました。

我が家では懸垂バーを作り付けしています。設置の詳細な経緯としては当時の記事「作り …

解体工事の見積もり比較~決定

以前、解体の費用が偉い事になった旨の記事を書きましたがそれ以後解体は放置気味でし …

一条工務店工場見学 -抽選会で1等を狙うには-

さて、工場見学2回目です。 前回は工場の紹介と訪問人数の多さを紹介しましたが 今 …

オプション盛り盛りにしたら偉いことになった

水回りの検討最中ではありますが、一度現状を見直したく見積もりを出してもらいました …

700万行ったオプション詳細【電気編】 -設計公開シリーズ-

オプション詳細も終わりに近づいてきました。 本日は電気編です。 電気関連のオプシ …

i-smartで宿泊体験 -油とび&風呂編-

前回、IHの良さを学んだ我が家・・! せっかく泊まったのだから、いろいろ焼いてみ …

外観から見るFix窓の利点 -結果編-

以前の記事にてFIX窓を利用し、リビング窓を拡張する計画がありました。 その結果 …

1F2F間の防音対策 -グラスウールとロックウール-

とうとうやって来ました。 二世帯新居の必須条件、防音対策! 対策のパターンとその …

壁の石膏ボードの取り換えはとても大変

石膏ボードを交換したい。と思った事ありませんか? 我が家では、過去我ら兄弟の思春 …

エコカラットの最終見積到着 -結果半額近くへ-

当初約33万の見積もりが上がっていたエコカラット。 見積もりを見直し、デメリット …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。